シアリスが服用できない人とは

心配している男性

シアリスは、ED治療薬として世界的に普及している医薬品のひとつで、ED治療薬の分野では、しばしば世界的なシェア率を見てもナンバーワンの位置にくることもあるほどの製品となっています。
このシアリスに特徴的なのは、他のED治療薬とは違って、効果が最長の場合で36時間ほども継続するなど、薬効が途切れるまでの時間がひじょうに長いということが挙げられます。
そのために、性行為をする直前に急いでED治療薬を飲んで、薬効が効かなくなる前に急いで性行為を終わらせなければならないといったプレッシャーを感じることなく、豊かな性生活をエンジョイできるという意味で貴重なものとなっています。
しかし、このシアリスはたしかな効き目がある医薬品であるがゆえに、副作用や他の薬剤との相互作用の懸念というものももっているため、場合によっては服用できない人というのも存在します。
シアリスを服用した場合、特に性器における血流が増加しますが、これは血圧に関連しているため、たとえば病院に通わずに適切に管理されていないような高血圧や不整脈もちの人については、避けたほうがよいとされています。
同様の理由から、血管の詰まりなどがかかわってくる脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、狭心症などの既往症がある人なども、医師に相談したほうがよいでしょう。
また、服用したシアリスは時間がたてば肝臓で代謝されることになるため、重い肝障害をもっている人の服用についても、適切ではありません。
さらに、薬剤の相互作用として、ニトログリセリンのような硝酸剤といっしょに服用すると、急激な血圧低下をまねいてしまうおそれがあるため、硝酸剤を現在飲んでいる人も不可となっています。